任意継続組合員(退職後)

解説

◆任意継続組合員制度とは◆

日本郵政グループ各社を退職すると、退職日の翌日に共済組合員資格を喪失します。
任意継続組合員制度(以下、「任継」といいます。)に加入することにより、退職日の翌日から最長で2年間、日本郵政共済組合の短期給付(※)や福祉事業が受けられます。

※ 法定給付のうち、休業手当金及び出産手当金は支給されません。
なお、傷病手当金については、次の場合に限り、傷病手当金の支給を開始した日から最長で1年6か月(結核性傷病は3年)まで引き続き支給されます。

  • 在職中に既に傷病手当金の支給を受けていて、退職日以降も引き続き労務不能状態にある場合
  • 退職日の前日までに、療養のために3日以上連続して勤務に服することが出来ない期間を有し、退職日以降も引き続き労務不能状態にある場合

※ 附加給付のうち、傷病手当金附加金は支給されません。

※ 傷病手当金等、標準報酬の月額を基礎として支給される給付は、退職時の標準報酬を基に算出されます。

◆任継の加入要件◆

次の①~④の全ての要件を満たす必要があります。

  1. ① 退職日の前日までに、継続して1年以上の組合員期間があること
  2. ② 退職日を含めて10日以内に、所定の様式により申し出ること
  3. ③ 退職日を含めて20日以内に、所定の任継掛金を払い込むこと
  4. ④ 再就職等により他の健康保険組合に加入していないこと

※① 4/1採用で翌年3/31に退職した場合、退職日の前日(3/30)までの組合員期間は1年未満とみなすため、任継には加入できません。

※② 初月分から前納割引を希望する場合は退職日を含めて10日前までに様式「任継継続組合員となるための申出書」必着

※③ 初月分から前納割引を希望する場合は退職月の末日までに任継掛金を払込み

※③ 金融機関の取扱い上、払い込まれた曜日(土日、祝日)や時間帯(各機関で異なります。)によっては、入金処理が翌営業日の取扱いとなります。納入期限当日に払い込んだ場合、共済センターへの着金日が納入期限日以降となることがあり、任意継続組合員資格を取得できませんので、余裕をもって納入してください。

◆任継の掛金◆

  • 国民健康保険(以下、「国保」という。)の保険料と同じく、掛金の支払いが必要です。
  • 在職中は掛金額の1/2を会社が負担(=労使折半)していますが、退職後は会社負担がなくなるため、在職中の約2倍の掛金額です。
  • 国保の保険料は、前年の収入額により決定されるため、退職直後は前年の収入が高いことが影響し、任継掛金よりも高くなる傾向にあります。

◆掛金の算定基礎となる標準報酬の月額◆

次の①又は②のいずれか少ない額が適用されます。

  1. ① 退職時の標準報酬の月額
  2. ② 標準報酬月額410,000円(令和元年度加入者)

    ※ ②は、前年(1月から3月までの標準報酬の月額にあっては、前々年)の9月30日における短期給付に関する規定の適用を受ける組合員(任意継続組合員を含む)の標準報酬の月額の平均

①が適用される方の掛金額の確認は、任意継続掛金の試算ページをご利用ください。
②が適用される方の掛金額は、こちらをご覧ください。

加入手続

◆注意事項◆

  1. ① 任継になるためには、ご自身で共済組合へ手続する必要があります。
    下記の申出書は退職時の勤務先ではなく、共済センター任継担当へ送付してください。
  2. ② 申出期限や掛金の納入期限を過ぎると、任継に加入できない場合があります。

◆申出期限・初月分の掛金納入期限◆

こちらをご覧ください。

◆加入の流れ◆

<掛金払込まで>

  1. 手順① 退職後のライフスタイルから任継加入を検討
  2. 手順② 申出期限・初月分の掛金納入期限を確認
  3. 手順③ 様式「任意継続組合員となるための申出書」(ダウンロード)を記入、押印
  4. 手順④ 郵便局で「自動払込利用申込書」を取得し記入、押印
  5. 手順⑤ ③、④を併せて共済センター任継担当あてに送付
  6. 手順⑥ 後日、共済センターから郵送される払込取扱票で、納入期限までに払込み
    ※ 初回分の掛金及び自動払込の手続が完了するまでの間は払込取扱票での払込みとなります。

<掛金払込後>

  1. 手順⑦ 払込確認から2週間程度で、共済センターから郵送される任意継続組合員証を受領
  2. 手順⑧ 退職まで使用していた組合員証等に、様式「組合員証等返納票兼亡失届」(ダウンロード)を添付して共済センター被扶養者担当あてに返納

脱退手続

◆脱退手続(事由別)◆

下記①~③の脱退事由に応じた書類を、共済センター任継担当へ送付してください。

  1. ① 就職により社会保険に加入した場合
    • 様式「任意継続組合員脱退申出及び任意継続掛金還付請求書」(ダウンロード
    • 新しく加入した健康保険証の写し
  2. ② 任継組合員が死亡した場合
    • 様式「任意継続組合員脱退申出及び任意継続掛金還付請求書」(ダウンロード
    • 死亡診断書等(死亡を証明する書類)の写し
    • 戸籍謄本等(続柄及び先順位の相続人であることの証明書類)の写し
    • 様式「相続人代表者選定届」(ダウンロード

      ※ 同順位の相続人が複数いる場合のみ提出

  3. ③ 国民健康保険に加入、又は家族の健康保険の被扶養者となる場合等
    様式「任意継続組合員脱退申出及び任意継続掛金還付請求書」(ダウンロード

    ※ この場合、資格喪失日は共済センターが脱退書を受け付けた月の翌月1日となります。

◆脱退手続(共通)◆

上記①~③いずれの場合も、任継の資格喪失後は速やかに任意継続組合員証等(被扶養者証、限度額適用認定証等を含む)を共済センター被扶養者担当へ返納してください。

  • 様式「組合員証等返納票兼亡失届」(ダウンロード
  • 任意継続組合員証等(被扶養者証、限度額適用認定証等を含む)

なお、組合員証の返納だけでは、脱退の手続きとはなりません。前納された任意継続掛金がある場合は、未経過期間の掛金は還付されますので、上記の様式「任意継続組合員脱退申出及び任意継続掛金還付請求書」を提出してください。

※ 未経過期間の任意継続掛金還付請求には時効があります。

よくある質問

◆質問一覧◆

  1. Q1 【加入時】任継加入のための初回の払込取扱票は、いつ頃発送されますか。
  2. Q2 【加入時】任継加入初回の掛金を払い込みました。任意継続組合員証(保険証)はいつ届きますか。
  3. Q3 【掛金】任継に加入して2年目です。退職後は無収入でしたが、任継の掛金額は変わりますか。
  4. Q4 【掛金】任継掛金の払込方法を、月払いから半年払い又は年払いに変更することはできますか。
  5. Q5 【掛金】払込取扱票が届きましたが、納入期限を過ぎてしまいました。どうしたらいいですか。
  6. Q6 【掛金】残高不足により、口座から任継掛金の引落しができなかった場合は、どうしたらいいですか
  7. Q7 【掛金】現在、任意継続組合員1年目ですが、来年4月1日から任意継続組合員資格を脱退して国民健康保険に加入しようと考えています。
    国民健康保険への加入手続に、共済組合が発行する資格喪失証明書が必要と聞いたので、発行手続を教えてください。
  8. Q8 【掛金】未経過期間の任継掛金の還付金はいつ頃振込みされますか。
  9. Q9 【証明書】来月、任継を2年満了します。資格喪失証明書は自動的に届きますか。
  10. Q10 【証明書】確定申告をするため、任意継続掛金の払込証明書が必要です。

Q1

【加入時】

任継加入のための初回の払込取扱票は、いつ頃発送されますか。

A1

様式「任意継続組合員となるための申出書」が共済センターへ到着してから、1週間程度で発送します。
なお、3月31日退職の翌日、4月1日から任継への加入を希望される方で、1月から2月までの間に「任意継続組合員となるための申出書」を共済センターへ提出した場合は、3月上旬に発送します。

Q2

【加入時】

任継加入初回の掛金を払い込みました。任意継続組合員証(保険証)はいつ届きますか。

A2

任意継続組合員証は、掛金が入金された約2週間後に発送します。
それまでの間は、在職時の組合員証等をご使用になれますが、任意継続組合員資格を取得できなかった場合は、退職後に組合員証等を使用された際の医療費等を返還していただきます。
任意継続組合員証を受領しましたら、退職まで使用していた組合員証等に、様式「組合員証等返納票兼亡失届」(ダウンロード)を添付して共済センター被扶養者担当あてに返納してください。

Q3

【掛金】

任継に加入して2年目です。退職後は無収入でしたが、任継の掛金額は変わりますか。

A3

任継の掛金額は退職時の標準報酬の月額で算定され、2年目も前年の収入の影響は受けません。
ただし、掛金率の見直しがあった場合には、2年目の掛金額が変わることがあります。
なお、退職後に無収入となったことにより、任継2年目以降は、任継掛金よりも国民健康保険の保険料の方が低くなることがありますので、お住いの市区町村にご確認されることをお勧めします。

Q4

【掛金】

任継掛金の払込方法を、月払いから半年払い又は年払いに変更することはできますか。

A4

変更は可能ですが、手続可能な期間が限られますので、ご注意ください。

  • 月払いから半年払いへの変更をご希望の場合
    8月末又は2月末までに様式「任意継続掛金納入方法変更申出書」(ダウンロード)を共済センター任継担当へ送付してください。
  • 月払いから年払いへの変更をご希望の場合
    2月末までに様式「任意継続掛金納入方法変更申出書」(ダウンロード)を共済センター任継担当へ送付してください。

Q5

【掛金】

払込取扱票が届きましたが、納入期限を過ぎてしまいました。どうしたらいいですか。

A5

原則、納入期限日の属する月の1日付で任継の資格を喪失します。

納入期限までの払込みができず任継を継続されたい場合は、様式「任意継続掛金払込遅延事由書」(ダウンロード)に遅延事由を詳細に記入し、共済センター標準報酬・任継担当へ送付してください。
遅延事由を審査し、やむを得ない事情があると共済組合が認めた場合、遅延承認の文書と新たに納入期限を定めた払込取扱票を送付します。

Q6

【掛金】

残高不足により、口座から任継掛金の引落しができなかった場合は、どうしたらいいですか。

A6

すぐに共済センターまでご連絡ください。

※ 掛金が未納になると、正当な理由がない限り、任継資格を喪失することになりますのでご注意ください。

Q7

【掛金】

現在、任継1年目ですが、来年4月1日から任継を脱退して国民健康保険に加入しようと考えています。
国民健康保険への加入手続に、共済組合が発行する資格喪失証明書が必要と聞いたので、発行手続を教えてください。

A7

任意継続組合員脱退時に提出する様式「任意継続組合員脱退申出及び任意継続掛金還付請求書」の「資格喪失証明書の発行」欄の「1 希望する」に○印をつけ、使用目的を記入し、脱退手続をしてください。

なお、ご本人の申出によって任継を脱退される場合は、脱退の申出を共済センターが受け付けた月の翌月1日が任継の資格喪失日となります。
したがって、4月1日から国民健康保険に加入することを希望される場合は、3月末(休日の場合は前営業日)必着で、様式「任意継続組合員脱退申出及び任意継続掛金還付請求書」を共済センター任継担当へ送付してください。

Q8

【掛金】

未経過期間の任継掛金の還付金はいつ頃振込みされますか。

A8

月末までに共済センターに到着した「任意継続組合員脱退申出及び任意継続掛金還付請求書」について、翌月上旬に「任意継続共済掛金還付通知書」をご自宅あてに送付し、毎月20日(休日の場合は翌営業日)に任意継続掛金を還付します。
なお、未経過期間の任継掛金還付請求には時効があります。

Q9

【証明書】

来月、任継を2年満了します。資格喪失証明書は自動的に届きますか。

A9

資格喪失証明書の発行についてはこちらのページをご確認ください。

Q10

【証明書】

確定申告をするため、任意継続掛金の払込証明書が必要です。

A10

任意継続掛金払込証明書の発行についてはこちらのページをご確認ください。


PAGE
TOP