出産手当金

解説

◆給付要件◆

組合員(任意継続組合員を除く)が本人の出産(※)のために勤務に服さず、給与が減額されたときは、出産手当金を請求することができます。

※ 妊娠4か月以上の出産(正常分べん、異常分べんを問わない)に限る

◆給付額◆

1日につき、標準報酬の日額(※)の2/3。

※ 標準報酬の日額とは、出産手当金の支給を始める日の属する月以前の直近の継続した12月間の各月の標準報酬月額の平均額の1/22

※ 出産手当金の支給を始める日の属する月以前の直近の継続した期間において、標準報酬の月額が定められている期間が12月に満たない場合は別に定める

※ 出産手当金の額が傷病手当金より少ないときに限り、傷病手当金によりその差額が支給されます。

◆給付期間◆

  1. ① 出産の日(※1)以前42日(※2)から
  2. ② 出産の日後56日まで

※1 出産予定日より遅れた場合は予定日

※2 多胎出産の場合は98日

◆出産日と出産予定日の関係◆

産前休暇は出産予定日の42日前から取得でき、その終期は実際の出産日になります。
つまり、

  • 実際の出産が出産予定日より遅れた場合、産前休暇は長くなり、出産手当金の支給期間も長くなります。
  • 実際の出産が出産予定日よりも早かった場合、産前休暇は短くなり、出産手当金の支給期間も短くなります。

請求手続

まずはコールセンターへご連絡ください。
給付要件に該当することを確認させていただいた上で、請求書等を郵送します。

◆提出書類◆

  1. ① 様式「出産手当金請求書」
  2. ② 様式「報酬支給額証明書(出産手当金)」(ダウンロード

    ※ 勤務先にExcelで作成を依頼してください

  3. ③ その他、請求書内に指定する必要書類すべて

請求期限

勤務に服することができない日ごとに、その翌日から起算して2年以内に請求を行わないときは、時効により給付を受ける権利が消滅します。


PAGE
TOP