特定疾病療養受療証

解説

以下の対象疾病に該当する方は、事前に共済組合への申請により「特定疾病療養受療証」の交付を受け、組合員証等と併せて医療機関等に提示することにより、下記の自己負担額で対象疾病の治療が受けられるようになります。

◆発行対象者◆

次の①~③の特定疾病に該当する組合員(任意継続組合員含む)又は被扶養者

  1. ① 人工透析を行っている慢性腎不全
  2. ② 血友病
  3. ③ 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み厚生労働大臣の定める者に係るものに限る)

◆自己負担額◆

10,000円
ただし、上記①の対象疾病で、標準報酬月額53万円以上の世帯で70歳未満の場合は20,000円

発行手続

◆手続の流れ◆

  1. 手順① 様式「特定疾病認定申請書」(ダウンロード)に必要事項を記入
  2. 手順② 医師の意見欄を病院で記入してもらった上で、共済センター被扶養者担当あてに郵送

◆発送までの所要日数◆

共済センターに申請書が到着してから1週間程度で発送します。

治癒した場合

腎臓移植による慢性腎不全の根治等、特定疾病でなくなった場合は届出が必要です。

◆手続の流れ◆

  1. 手順① 様式「特定疾病治癒届出書」(ダウンロード)に必要事項を記入
  2. 手順② 不要になった特定疾病療養受療証と併せて、共済センター被扶養者担当あてに郵送

よくある質問

Q1

様式「特定疾病認定申請書」にある「医師の意見欄」は、必ず記入してもらう必要がありますか。

A1

特定疾病療養受療証の発行には、特定疾病により診療を受けていることのに相違ないことを医師に証明してもらう必要がありますので、必ず記入をお願いします。


PAGE
TOP