印刷用ヘッダー

HOME > 共済組合のしくみ > 組合員証等は大切にしましょう

共済組合のしくみ

組合員証等は大切にしましょう

組合員証等の交付

 組合員になると、共済組合から組合員証が交付されます。組合員証は、組合員やその被扶養者であるという証明書で、病院・診療所の窓口へ提示すれば、診療や、薬の給付を受けることができます。

負担額等については、こちらをご覧ください。

※組合員証等に含まれるものは以下のとおりです。

  • 組合員証
  • 被扶養者証
  • 限度額適用認定証
  • 特定疾病療養受療証

組合員証は共済組合の組合員であること、または被扶養者であることを証明する重要なものですから、亡失したりすることのないよう大切に保管しましょう。

組合員証の返却

 組合員又は被扶養者の資格を喪失(認定取消し)した場合は、発行されている全ての組合員証等を速やかに返却してください。なお、資格喪失後に組合員証等を使用した場合は、共済組合が負担した医療費等を返却していただきますので注意してください。

組合員証の取り扱い

事由 期限 手続
組合員証をなくしたり、
破損したとき
ただちに 組合員証等再交付申請書で(組合員証がある場合は添付して)申請してください。
結婚・出産等により
新たに被扶養者証が必要なとき
30日以内 被扶養者申告書に確認資料を添付して届出をしてください。※発行(送付)は、不備がない場合でも被扶養者申告書等が共済組合に到着した日から3週間程度かかります。
死亡・就職等により
被扶養者証を返却するとき
速やかに 被扶養者申告書に確認資料と被扶養者証等を添付して届出をしてください。
住所または氏名に変更があったとき 速やかに 変更内容により提出書類が異なりますので、次のリンク先をご覧の上、必要な手続きを行ってください。
住所(居住地)が変わったとき
氏名が変わったとき
組合員または被扶養者の資格を失ったとき 速やかに 組合員証や組合員被扶養者証等を速やかに返却してください。
任意継続組合員になったとき 到着後
速やかに
新たに任意継続組合員用の組合員証が送付されますので、それまで使用していた組合員証や組合員被扶養者証等を速やかに被扶養者・任継担当あてまで返却してください。
組合員又は被扶養者が70歳になったとき 到着後
速やかに
新たに高齢受給者証が送付されますので、それまで使用していた組合員証や組合員被扶養者証等を速やかに被扶養者・任継担当あてまで返却してください。

↑ このページの先頭へ戻る

(c) 日本郵政共済組合