印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > 退職のとき > 国民年金第3号被保険者の種別変更

共済サービスの内容

退職のとき 国民年金第3号被保険者の種別変更

国民年金加入の手続

 退職により共済組合員の資格を喪失すると同時に、会社員等が加入する国民年金の第2号被保険者資格も喪失します。60歳未満で退職した方は、引き続き厚生年金や共済年金に加入する方を除き、自営業者等が加入する第1号被保険者の加入手続が必要です。

 また、60歳未満の被扶養配偶者で国民年金の第3号被保険者となっていた方も、組合員の資格喪失と同時に第3号被保険者の資格を喪失しますので、第1号被保険者の加入手続が必要となります。

 国民年金の加入手続は、お住まいの市区町村窓口で行ってください。

(注) 任意継続組合員は医療保険のみの被保険者です。60歳未満の方は、本人、被扶養配偶者とも国民年金加入の手続が必要です。

  • 手続きガイドへ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合