印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > 出産のとき > 3歳未満の子を養育する旨の申出

共済サービスの内容

出産のとき 3歳未満の子を養育する旨の申出

申出により年金額の減少を防止できます

3歳未満の子を養育している場合の平均標準報酬月額の計算の特例

 3歳未満の子を養育し、勤務時間の短縮等により給与が低下した場合、9月の定時決定、または、育児休業終了時改定の際に標準報酬月額(掛金)が低くなる場合がありますが、この場合、その分将来の年金額も低くなります。
 しかし、「3歳未満の子を養育する旨の申出書」を提出することにより、『養育前の標準報酬月額で将来の年金額が算定され、年金額の減少を防止することができる』特例を受けることができます。

※ 養育とは、同居している場合のみをいいます。別居等により生活を別にしている場合は、この特例は適用されません。

提出期限

 出生後(または養子縁組した後)速やかに提出してください。
 ただし、出生後(または養子縁組した後)産前産後休業や育児休業を取得した場合は、復帰後速やかに提出してください。

※ 2年以内に提出がなかった場合、特例を受けることのできる期間が、特例開始日から3歳となるまでの期間ではなく、提出日の2年前が属する月から3歳となるまでの期間へ短縮されます。

年金算定上標準報酬月額
  • 手続きガイドへ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合