印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > お金が必要なとき > 普通貸付

共済サービスの内容

お金が必要なとき 普通貸付

引越費用や物資購入代金などの貸付けを受けられます

普通貸付(福祉事業)

 組合員(組合員期間6ヶ月以上。以下同じ。)が、引越しや物資購入など臨時の支出を必要とするとき、その費用の貸付けを受けられます。

  1. 一般貸付
    組合員が臨時の支出を必要とするとき(他の貸付事由に該当するときを除く)に、貸付けを受けられます。
  2. 物資貸付
    組合員が、1単位10万円以上の物資を購入するときに、貸付けを受けられます。
  3. 特認貸付
    特に共済組合が必要と認めたときに、貸付けを受けられます。

貸付限度額

1. 一般貸付 190万円
2. 物資貸付 190万円
3. 特認貸付 380万円

一般貸付または物資貸付を受ける場合には、それぞれ190万円が限度額となります。また、普通貸付、教育貸付、結婚貸付、災害貸付、葬祭貸付及び医療貸付の合計額が総額630万円以内となります。

貸付けの申込み

 申込みする際には貸付申込書類一覧にある書類が必要になります。貸付金は組合員名義のゆうちょ銀行の総合口座へ送金されますが、送金希望日の2ヶ月前には、貸付けの申込みをする必要があります。
 詳しくは貸付金送金スケジュールを参照ください。

貸付利率

 年4.26%です。(平成24年4月1日現在)

弁済期間・弁済方法

一般貸付及び物資貸付は90ヶ月以内、特認貸付は120ヶ月以内に弁済することになっており、次の方法により弁済します。

  1. 月賦による弁済
    毎月の給与から天引きにより弁済します。
  2. ボーナス併用払による弁済
    月賦弁済と併せて、夏季手当と年末手当(ボーナス)から天引きにより弁済します。
  3. 臨時弁済
    上記のほか、未弁済金の一部(10,000円の整数倍)又は全部を、臨時に弁済することができます。

注意:貸付日以前に支払った場合(クレジットカード払いを含む)、貸付けをすることができません。
    また貸付後、翌月末までに領収書等の写しを提出していただきます。

  • 手続きガイドへ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合