印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > 年金について > 年金払い退職給付

共済サービスの内容

年金について 年金払い退職給付

 年金払い退職給付(法律上は「退職等年金給付」といいます。)は、被用者年金一元化により廃止された「職域加算額」の代わりとなる制度ですが、公的年金とは異なり、組合員の皆さまの掛金を積み立てて、ご自身の将来の給付に備える仕組みとなっています。

従来の職域加算額との関係

◇退職年金の概要

 1年以上の引き続く組合員期間を有する方が、退職後65歳となったとき又は65歳以降に退職したとき、平成27年10月以降の組合員期間とその間の標準報酬等に応じて、年金払い退職給付の「退職年金」が支給されます。
 退職年金の半分は終身年金、半分は20年間の有期年金として支給されますが、有期年金部分は、所定の要件を満たしていれば10年又は一時金による受給を選択することもできます。

 なお、年金払い退職給付には、上記の「退職年金」のほかに、平成27年10月以降に初診日のある公務傷病により障害となった場合に支給される「公務障害年金」と、平成27年10月以降に初診日のある公務傷病により亡くなった場合に遺族に支給される「公務遺族年金」があります(いずれも、通勤災害は含みません)。

◇掛金の積立と支給

 年金払い退職給付の掛金は、厚生年金保険料等とは別に徴収されます。
 平成27年10月からの掛金率は、標準報酬額の1.5%となっていますが、これを労使折半で負担しますので、組合員の皆さまの掛金率は、0.75%となります。
 皆さまの負担額と同額を会社が負担し、その合計額と運用利子等が毎月積み立てられて、将来、KKRから支給される年金払い退職給付の原資となります。

◇給付算定基礎額の通知

 年金払い退職給付を算定する基礎となる給付算定基礎額や、その基礎額の基となる標準報酬額は、「退職年金分掛金の払込実績通知書」にて通知されます。通知対象等についてはこちら

  • 手続きガイドへ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合