印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > 公的年金の補完 > 団体積立年金保険「みらい」の手続

共済サービスの内容

団体積立年金保険「みらい」の手続

退職後、団体積立年金保険「みらい」は自動的に脱退扱いとなりますが、次の手続が必要です。
未手続ですと、在職中に積み立てた掛金を受け取ることが出来ませんので、必ず手続をお願いします。

参 考

  • 3月末日以外に退職する方は下記の<50歳未満の方>と同様の手続となります。
  • 退職後、引き続き高齢再雇用フルタイム勤務社員となられる方(共済組合員の資格を喪失しない方)であっても、団体積立年金保険「みらい」は継続できませんので、退職時の手続が必要となります。

<50歳以上の方>

共済センター みらい担当
  • 4月下旬までに"退職時の手続等のご案内"の冊子等を自宅へ送付。

1 右への矢印

2 左への矢印
組合員
  • 到着した「給付金請求書」に必要事項を記入し、共済センターに送付する。

【早めに手続をされたい方】

共済センター みらい担当
  • 依頼により"退職時の手続等のご案内"の冊子等を送付。

1 左への矢印

2 右への矢印

3 左への矢印
組合員
  • 共済センターへ電話で"退職時の手続等のご案内"の冊子等の送付を依頼する。
  • 到着した「給付金請求書」に必要事項を記入し、共済センターに送付する。

<50歳未満の方>

共済センター みらい担当

1 左への矢印
組合員
  • ホームページの「みらい」ページで「給付金請求書」を印刷し必要事項を記入し、共済センターに送付する。

【ホームページをご覧になれない方】

共済センター みらい担当
  • 依頼により「給付金請求書」を送付。

1 左への矢印

2 右への矢印

3 左への矢印
組合員
  • 共済センターへ電話で「給付金請求書」の送付を依頼する。
  • 到着した「給付金請求書」に必要事項を記入し、共済センターに送付する。

一時金の送付の目安

 一時金として受け取る場合、請求書が退職日の翌月20までに共済センターに到着した分は、退職日の翌々月中旬~下旬の送金予定となります(例えば、3月末退職では、4月20日までに(当日が土、日及び祝日の場合は翌営業日まで)共済センターに請求書が到着した場合、5月中旬~下旬頃に送金予定となります。)請求書に不備がある場合は、送金が遅れますので、注意してください。

 ★給付金の受取方法等のご相談は、明治安田生命保険相互会社へ照会してください。
 TEL 0120-165-660(午前9半~午後5時半 土、日及び祝日を除く)

3月末日で退職し、4月1日から高齢再雇用フルタイム勤務社員として郵便局で仕事をしますが、「みらい」に引き続き継続加入することはできますか?
団体積立年金保険「みらい」は定年退職したときは脱退することになっているため、申し訳ございませんが継続加入することはできません。退職に伴う手続(給付金等の請求)をお願いします。
年金又は一括受取を検討していますが積立金がわからないため。判断に迷っています。
お手数ですが、明治安田生命保険相互会社のみらい専用ダイヤルへ照会してください。
TEL 0120-165-660(午前9半~午後5時半 土、日及び祝日を除く)
または、3月上旬に送付する残高通知書(平成26年1月1日現在)をご参考ください。
  • 手続きガイドへ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合