印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > 特定健康診査・人間ドック等 > 特定健康診査・特定保健指導

共済サービスの内容

特定健康診査・人間ドック等 特定健康診査・特定保健指導

年1回特定健康診査を受けましょう

「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」に着目し、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中等の生活習慣病のリスクを発見するための特定健康診査と、この健診の結果から生活習慣病の発病リスクがある方を対象に、生活習慣を見直すための特定保健指導を実施しています。

特定健康診査

問診、身体測定、採血、検尿などから生活習慣病のリスクを判定します。具体的には以下の検診を実施します。

基本的な健診 ○質問票(服薬歴、喫煙歴等)○身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)○血圧測定 ○理学的検査(身体診察) ○検尿(尿糖、尿蛋白)
○血液検査
・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
詳細な健診 ※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施
○心電図 ○眼底検査 ○貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

対象者

 任意継続組合員(以下「任継組合員」といいます。)並びに組合員及び任継組合員のそれぞれの被扶養者で、かつ当該年度に40~74歳の方(※ただし、その年度に75歳になる方は、誕生日の前日までが対象となります。)。

人間ドックは特定健康診査受診券を使うとお得で便利

 任継組合員並びに組合員及び任継組合員のそれぞれの被扶養者が、集合契約A又はBに参加している医療機関の人間ドックを受検する際に受診券を使用すると、人間ドックの料金①から特定健診の費用②(集合契約Aの場合は7,020円、集合契約Bの場合は都道府県により異なります。)を差し引いた金額(①-②)で受検することができる場合があります。

 更に、任継組合員(※1)は任意継続組合員人間ドック、また、組合員の被扶養配偶者(※1)は被扶養配偶者人間ドックのそれぞれの助成を受けることができ、いずれの場合も請求の際に「検診結果の写し」及び「特定健診-02 特定健診に係る質問票」を省略することができます。

※1 受検日に共済組合員又は被扶養者としての資格を有する方。

診察の流れ

組合員
 事業所で実施される健康診断を受診することにより、特定健康診査を受診したことに代えるので、手続きは必要ありません。

任継組合員並びに組合員及び任継組合員のそれぞれの被扶養者

1 受診券の到着
 5月下旬~7月中旬に、特定健康診査の受診に必要な「特定健康診査受診券」を対象者全員に郵送します。
2 受診機関を決める
 受診券に同封の「特定健診等実施機関一覧」または共済組合ホームページで、健診を受けたい機関を選びます。事前に実施健診機関に直接連絡(予約)してください(※ご希望の健診機関で受診出来ない場合があります)。
 なお、受診券の有効期限は、当該年度の3月31日となっていますが、特定健康診査を受診し、その結果、特定保健指導に該当しても、受診日によっては特定保健指導を利用できない場合がありますので、当該年中(12月末日まで)の受診を推奨します。
3 受診する  無 料
 受診当日は、受診券と組合員証又は被扶養者証を忘れずに持参してください。受診券を紛失した場合は再発行しますので、共済組合コールセンターまでご連絡下さい。
4 健診結果を受け取る
 特定健康診査を受診した健診機関等から、健診結果が受診者本人に送付又は手渡されます(健診結果の受領方法については、受診した健診機関等にご確認下さい)。

特定保健指導

特定健康診査の結果から生活習慣病の発症リスクを持っていると判断された方に対して、医師や保健師、管理栄養士などの専門家が生活習慣の改善のサポートを行います。

特定保健指導には、リスクの程度に応じて動機付け支援と積極的支援があります。

対象者

特定健康診査の結果を「特定保健指導階層化基準」に照らして該当した方。

組合員
 健康診断の結果により特定保健指導の対象者となった方には、共済組合が委託する業者から連絡があります(条件に該当しない方には連絡しません)。

任継組合員並びに組合員及び任継組合員のそれぞれの被扶養者
 健診の結果、特定保健指導の対象者となった方には、共済組合から「特定保健指導利用券」とお知らせ等を発送します(条件に該当しない方には送付しません)。
 なお、自己負担はありませんので、積極的にご活用ください。

注意/ 平成26年度以前に利用券を使用し、最後まで特定保健指導(動機付け支援・積極的支援)を利用して終了した方は、利用料(3割)を共済組合に請求することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

特定保健指導の流れ

6か月間の取組 積極的支援 メタボリックシンドロームのリスクが重なっている人が対象です。 動機づけ支援 メタボリックシンドロームのリスクが出始めた人が対象です。
◎初回面接で目標設定
生活習慣の改善点に気づき、自分で目標を設定して、それを行動に移すために必要なサポートが受けられます。
◎メールや電話、手紙で支援
継続して実行するためのサポートが受けられます。
◎実績評価
6か月間の取組状況を確認します。
※特定保健指導は開始から6か月かかります。途中で組合員資格を喪失又は被扶養認定を取り消された方は、特定保健指導が途中でも資格喪失日又は認定取消日で終了となりますので、ご了承下さい。

特定保健指導階層化基準

腹囲 追加リスク 対象
①血糖②脂質③血圧 ④喫煙歴 40-64歳 65-74歳
≧85cm(男性)

≧90cm(女性)
2つ以上該当 積極的支援 動機付け支援
1つ該当 あり
なし  
上記以外でBMI≧25 3つ該当 積極的支援 動機付け支援
2つ該当 あり
なし  
1つ該当

※1 腹囲の測定に代えて内臓脂肪面積の測定を行う場合には、内臓脂肪面積が100㎝2以上
※2 追加リスクの基準値は以下のとおり

① 血糖 … 空腹時血糖値100mg/dl以上またはHbA1c5.6%以上
② 脂質 … 中性脂肪150ml/dl以上またはHDLコレステロール幅40mg/dl未満
③ 血圧 … 最高(収縮期)血圧130mmHg以上/最低(拡張期)血圧85mmHg以上
④ 喫煙歴 … 6か月以上吸っている者であり、最近1か月間も吸っている者

※3 斜線欄は喫煙歴が階層化の判定に関係ないことを示す
※4 糖尿病、高血圧症又は脂質異常症(高脂血症)の治療に係る薬剤を服用している者は除く

↑ このページの先頭へ戻る

  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合