印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > 病気やけがのとき > 療養費

共済サービスの内容

病気やけがのとき 療養費

 業務災害・通勤災害による病気やケガは、保険診療ではなく、労働者災害補償保険(労災保険)を受けることとなりますので、業務が原因や通勤途中による負傷等の場合、まずは勤務先の総務担当へお問い合わせください。
 なお、労災保険給付の申請方法等については、所轄の労働基準監督署にご確認ください。
 また、労災保険給付の認定をされなかった場合、労働基準監督署から交付される「不支給決定通知」の写しを添付の上、療養費を請求してください。おって、療養に要した費用を支払った日の翌日から2年以内に請求を行わないときは、時効により請求できなくなります。

立替払いをするとき

療養費・家族療養費

1. 医師の指示により治療用装具を購入したとき

 コルセット、ギプス、義眼、弾性着衣などの治療用装具を購入した場合、ひとまず自分で費用を支払い、あとで共済組合から算定基準により算定された額を療養費として受けることができます。

2. 医師の指示により弱視等治療用眼鏡を購入したとき

 小児弱視等の治療用眼鏡を購入した場合、ひとまず自分で費用を支払い、あとで共済組合から算定基準により算定された額を療養費として受けることができます。

3. 緊急その他やむを得ない事情のため組合員証を使用しないで診療を受けたとき

 旅行中急病にかかり組合員証を持ち合わせていなかった場合のように、診療にかかった費用を本人が一時立て替えた場合には、あとで共済組合から算定基準により算定された額を療養費として受けることができます。

4. 誤って他の健康保険組合等の保険証を使用したとき

 共済組合の組合員又は被扶養者となった後、医療機関等を受診した際、以前加入されていた健康保険組合等の保険証を使用した場合は、健康保険組合等が負担した療養費を返納後に共済組合へ療養費の請求をしていただき、算定基準により算定された額を療養費として受けることができます。
(健康診断等、一部対象外もあります。)

5. 外国で受診したとき

 海外で急な病気やけがなどによりやむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、共済組合から算定基準により算定された額を療養費として受けることができます。

6. 医師の同意があり、はり・きゅう・あんま・マッサージ等の施術を受けたとき

 はり・きゅう・あんま・マッサージ等の施術を受けた場合は、ひとまず自分で施術料金を支払い、あとで共済組合から算定基準により算定された額を療養費として受けることができます。

  • 手続きガイドへ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合