印刷用ヘッダー

HOME > 共済サービスの内容 > 病気やけがのとき > 高齢受給者証

共済サービスの内容

病気やけがのとき 高齢受給者証

高齢受給者証

 組合員及び被扶養者で70歳以上75歳未満の方には、共済組合から高齢受給割合を付記した組合員証又は被扶養者証を交付します。保健医療機関に提示すると自己負担額が2割※(又は3割)になります。
 ※自己負担総額が2割負担の方は軽減特例処置により平成25年3月31日までは1割負担です(自己負担総額が3割の方は軽減特例処置の対象外です)。

  • 3割負担になる場合
    (1) 70歳以上の組合員のうち、標準報酬月額が28万円以上の方
    (2) (1)の被扶養者で、70歳以上の方
      ただし、以下の場合を除く。
      ① 70歳以上の組合員と70歳以上の被扶養者の年収が520万円未満
      ② 70歳以上の被扶養者がおらず、70歳以上の組合員のみの年収が383万円未満の場合
  • 手続きガイドへ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合