印刷用ヘッダー

HOME > スポーツクラブ等の利用 > 「組合員証」を提示することによって割引になる施設

「組合員証」を提示することによって割引になる施設

1.利用対象宿泊施設及び割引金額

 組合員の皆さまの健康増進と余暇の充実のため、一般利用料金より安価で利用できるように、以下の施設と提携しています。
 チェックイン時に「組合員証」又は「被扶養者証」を提示すると、割引を受けられます。
 なお、割引を受けられる方全員の「組合員証」又は「被扶養者証」を提示する必要があります

(1) 共済組合が割引(助成)する宿泊施設

宿泊施設 割引金額等
かんぽの宿・かんぽの郷 1人1泊につき2,000円割引
(注1)(注2)
ラフレさいたま 1人1泊につき1,500円割引
(注3)

(2) 各施設自身が割引する宿泊施設

宿泊施設 割引金額等
KKRホテルズ&リゾーツ
(国家公務員共済組合連合会)
各施設の定める組合員料金で利用できます。
詳しくは各宿泊施設にお問い合わせください。
(注1)繁忙期やご利用のプランにより、1,500円の割引となる期間があります。
詳しくは各宿泊施設にお問い合わせください。
(注2)「「かんぽの宿・KKR宿泊施設利用手帳」を提示することによって割引になる施設」と併用する際には500円の割引になります。
(注3)「「かんぽの宿・KKR宿泊施設利用手帳」を提示することによって割引になるリゾートホテル等」と併用することができません。

2.割引対象者

組合員、任意継続組合員及び被扶養者

3.割引対象外となる利用

「1.(1) 共済組合が割引(助成)する宿泊施設」において、以下に該当する利用の場合は、割引を受けることはできません。

(1) 出張、会議、訓練、研修や赴任等の業務を目的とする利用
(2) 転居を目的とする利用
(3) レクリエーションサークル主催の全国大会参加を目的とする利用
(4) その他各宿泊施設で定める割引対象外の利用
「宿泊助成一覧表」を参照してください。
(5) その他組合員の健康保持増進を目的とするものとは認めがたい利用
(6) キャンセル料金の支払での利用(キャンセル料については、各宿泊施設にお問い合わせください。)
 (注)「1.(2) 各施設自身が割引する宿泊施設」の割引対象外となる利用については、各宿泊施設にお問い合わせください。

4.利用方法

(1) 予約
直接宿泊施設に連絡をして予約してください。その際、日本郵政共済組合員又は被扶養者で、宿泊割引を利用することを申し出てください。
(2) チェックイン
ア 申請書記入
  チェックイン時に施設備え付けの申請書に必要事項を記入してください。
イ 組合員証提示
  申請書を提出し、割引を受けられる方全員の「組合員証」又は「被扶養者証」を、提示してください。
  提示がないと割引が受けられません。
(3) チェックアウト
チェックアウト時に割引後の料金で支払ってください。

5.その他

(1) かんぽの宿・かんぽの郷は、組合員又は被扶養者でない方であっても、組合員又は被扶養者と同伴して宿泊された場合は、組合員又は被扶養者1人につき、同伴者3人まで宿泊料から500円割引になります。
(2) かんぽの宿・かんぽの郷の2,000円割引の内訳は、共済組合1,500円、日本郵政株式会社500円です。

(c) 日本郵政共済組合