印刷用ヘッダー

HOME > 手続ガイド > 出産のとき > 出産費・家族出産費

手続ガイド

出産のとき 出産費・家族出産費

対象者

  • 出産した組合員
  • 扶養している配偶者が出産した組合員

提出書類

請求の事実が発生しましたら、速やかにご提出ください。
出産した日の翌日から2年以内に請求を行わないときは、時効により請求できなくなります。

提出書類 添付書類 提出先
【出産費・家族出産費の直接支払制度を利用する場合】
※  当該制度を利用する場合、以下の全ての事項に該当する方は医療機関等に「資格喪失証明書」の提示が必要になりますので、次の書類を提出してください。
  • 退職までに1年以上組合員期間がある。
  • 退職後(資格喪失後)6か月以内に出産が予定されている。
  • 他の健康保険組合(国民健康保険を除く)の組合員でない。
「証明書発行申請書」
  標準報酬担当(任意継続組合員であった場合は被扶養者担当)
【出産費・家族出産費の直接支払制度を利用する場合】
 出産費用が出産費(42万円又は40.4万円)を下回った場合
「出産費・家族出産費請求書」
(直接支払制度差額請求書)
○ 医療機関等から交付される「代理契約に関する文書(合意文書)」の写し
(同意する旨の記載)
○ 医療機関等から交付される「出産費用の証明書」の写し
給付担当
【出産費・家族出産費の受取代理制度を利用する場合】
「出産費・家族出産費支給申請書(受取代理用)」

※ 請求書は、医療機関等で必要事項の記入を受けてから提出してください。
○ 「母子健康手帳」の写し
※ 出産者の氏名及び出産予定日が記載されているページ
【出産費・家族出産費の受取代理制度の申請を取り下げ・予定外に変更する場合】
○ 予定していた医療機関等以外で出産することとなった場合
【出産費・家族出産費受取代理申請取下書】
○ 変更後の医療機関等において受取代理制度を改めて利用する場合
【出産費・家族出産費支給申請書(受取代理用)】
○ 救急搬送などにより、予定していた医療機関等以外で出産し、当該医療機関等で受取代理制度を利用する場合
「受取代理人変更届」
 
【出産費・家族出産費を共済組合に直接請求する場合】
「出産費・家族出産費請求書」

※ 請求書は、医療機関等で必要事項(医師等の証明等)の記入を受けてから提出してください。
○ 医療機関等から交付される「代理契約に関する文書(合意文書)」の写し
同意しない旨の記載)
○ 医療機関等から交付される「出産費用の領収・明細書」の写し
海外で出産した場合
「出産費・家族出産に請求書」
○ 医師の証明書
「出産費・家族出産費請求書」の医師の証明欄に医療機関から証明をもらう。又は医療機関等から発行される出生証明書(写し)
○ 医療機関等から交付される「出産費用の領収・明細書」の写し
※ 添付書類については、日本語翻訳が必要です。
(翻訳者は問いません。)
  • 共済サービスの内容へ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合