印刷用ヘッダー

HOME > 手続ガイド > 年金について > 遺族厚生年金・死亡届

手続ガイド

年金について 遺族厚生年金・死亡届

手続きの流れ

必要手続項目書類の提出が必要となる対象者いつまでに提出書類
遺族厚生年金組合員であった方の「遺族」受給権発生後速やかに年金請求書(国民年金・厚生年金保険遺族給付)
死亡届
死亡届の提出相続人速やかに死亡届
在職中に亡くなった場合は共済センターへ、退職後に亡くなった場合は国家公務員共済組合連合会(KKR)へ届出ください

※ 遺族厚生年金を請求できる「遺族」とは、組合員であった方の死亡当時、その方によって「生計を維持されていた方」のことをいい、「生計を維持されていた方」とは、次の2つの要件を満たす方のことをいいます。
 ① 組合員であった方と生計を共にしていたこと(同居していたこと)
 ② 恒常的な年収が850万円未満であること

※ 国家公務員共済組合連合会(KKR)が支給する年金の受給者が亡くなった場合は、KKRへ直接ご連絡ください。

提出書類

提出書類添付書類
年金請求書(国民年金・厚生年金保険遺族給付)

死亡診断書又は死体検案書
戸(除)籍謄本
世帯全員の住民票及び亡くなった方にかかる除票
請求者の所得証明書
請求者及び亡くなった方の年金手帳又は基礎年金番号通知書の写し
死亡届


【請求者の状況により添付が必要となる書類】

年金受給選択申出書
国民年金厚生年金保険船員保険遺族給付裁定請求書(別紙)
遺族一時金決定請求書

…etc.
【亡くなったときの状況に応じて次のいずれか】
死亡届
死亡届(元組合員用)
死亡届兼未支給【年金・保険給付】請求書
遺族厚生年金の請求とともに提出する場合は、添付書類は不要です。
それ以外の場合は、亡くなった方及び提出される方の状況に応じて異なります。

※ 遺族厚生年金、遺族基礎年金又は遺族一時金を請求する際に必要となる請求書等様式(太字表記の様式)は、共済組合コールセンターへご連絡いただきましたら、送付いたします。

※ 添付する証明書は、受給権発生後に発行されたものに限ります。

提出先

〒330-9792
さいたま市中央区新都心3−1 日本郵政共済組合共済センター 年金担当あて

※ 組合員が在職中に亡くなった場合は、必ず共済センターを経由して請求してください。
 退職後に亡くなった場合は、ワンストップサービスの対象のため、他実施機関での請求手続も可能です。ただし、共済組合への提出を希望される場合は、国家公務員共済組合連合会(KKR)もしくは共済センターへ郵送してください(他省庁共済組合へは提出できません。)。

〒102-8082
東京都千代田区九段南1-1-10 九段合同庁舎
国家公務員共済組合連合会年金部
0570-080-556(ナビダイヤル)
または 03-3265-8155(一般電話)

↑ このページの先頭へ戻る

  • 共済サービスの内容へ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合