印刷用ヘッダー

HOME > 手続ガイド > 年金について > 障害厚生年金・障害手当金

手続ガイド

年金について 障害厚生年金・障害手当金

手続きの流れ

必要手続項目書類の提出が必要となる対象者いつまでに提出書類
障害厚生年金組合員である間に初診日のある傷病により、障害の状態となった方受給権発生後速やかに年金請求書(国民年金・厚生年金保険障害給付)
障害手当金組合員である間に初診日のある傷病が、初診日から5年以内に治癒し、障害年金等級には該当しない程度の障害の状態となった方受給権発生後速やかに年金請求書(国民年金・厚生年金保険障害給付)

※ 障害厚生年金の受給権発生等、詳しくは、「共済サービスの内容>年金について>障害厚生年金」をご覧ください。

提出書類

提出書類添付書類
年金請求書(国民年金・厚生年金保険障害給付)

診断書
受診状況等証明書
病歴・就労状況等申立書
戸籍抄本
請求者の年金手帳又は基礎年金番号通知書の写し


【請求者の状況により添付が必要となる書類】

戸籍謄本
世帯全員の住民票
配偶者の年金手帳又は基礎年金番号通知書の写し
年金受給選択申出書

…etc.

※ 障害厚生年金、障害手当金を請求するための請求書や診断書(太字表記の様式)は、受給権発生日や請求内容によって異なるため、共済センターから送付いたしますので、共済組合コールセンターへお問い合わせください。

※ 添付資料は、受給権発生後に発行された証明書に限ります(事後重症による請求の障害厚生年金、障害手当金等、請求により受給権が発生する手続に際しては、請求書の提出日前1か月以内に発行されている証明書を添付してください。)。

提出先

 障害給付はワンストップサービス対象外のため、初診日に加入していた年金制度(厚生年金種別)の実施機関に請求する必要があります。
 郵政グループの組合員である間に初診日のある障害について請求するときは、国家公務員共済組合連合会(KKR)もしくは共済センターへ提出してください(年金事務所、他省庁共済組合等では手続できません。)。

 〒102-8082
 東京都千代田区九段南1-1-10 九段合同庁舎
 国家公務員共済組合連合会年金部
 0570-080-556(ナビダイヤル)
 または 03-3265-8155(一般電話)

 〒330-9792
 さいたま市中央区新都心3-1 日本郵政共済組合共済センター 年金担当あて

↑ このページの先頭へ戻る

  • 共済サービスの内容へ
  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合