印刷用ヘッダー

HOME > 手続ガイド > 事故のとき > 通勤途中や仕事中にけがをしたとき

手続ガイド

事故のとき 通勤途中や仕事中にけがをしたとき

 病気やけがの原因が業務上又は通勤途上(以下「業務上のけが等」という。)である場合は、労働災害補償保険(以下「労災保険」という。)による給付対象となることから、保険証を使用して医療機関を受診することはできません。業務上のけが等の場合、必ずその旨を医療機関等に伝え初めから労災保険扱い受診してください。
 ただし、けがした状況等によっては、労災保険からの給付対象外となる場合もあるので、必要に応じて勤務先を管轄する労働基準監督署にご相談ください。
 なお、業務上のけが等にもかかわらず、誤って保険証を使用して医療機関等を受診した場合は、共済組合が負担した医療費を返納していただき、組合員ご自身で労災保険給付を請求していただくことになります。そのため、けがされた方にとって一時的に全額自費扱いとなり、大きな負担にもなりますので、医療機関等に病気やけがの原因を詳しく伝えていただき、労災保険扱いで受診してください。

  • 届出・申請様式へ
  • よくある質問へ

(c) 日本郵政共済組合